結婚式 電報 人気

人気電報サービスのお申し込みはこちら
↓詳しくはこちらをクリック↓
電報サービス VERY CARD

結婚式に出席できなくなりました

仕事中

とても楽しみにしていた友人の結婚式に仕事の都合でどうしても出席することができなくなってしまいました

 

友人からは『○月○日は結婚式だから、その日は空けておいてね、絶対に来てよ」と念を押されていたのにです。。。結婚式に行けなくなったことを友人に伝えるのはとても心苦しかったです。。友人は言葉には出してはいなかったですがとても残念そうでした。

 

そこで友人におめでとう!という気持ちと形に残るものを贈りたいと思い何か良い方法はないか探していたら電報というものがあることを知りました。わたしは一度も電報を贈ったことがないので一体どんな仕組みなのかまず確認してみました。

 

電報はもともと電話が普及する以前に電話代わりに緊急性のあるメッセージを紙に託して届けるサービスでしたが今は冠婚葬祭の祝電や弔電用に使われることが多くなっているそうです。日本の電報といえばNTTが一般的


結局、NTTの電報は使わなかったんです。

で気になる料金なんですがNTTの電報サービスの場合は文字数によって料金が違ってきます。それと電報を包む台紙代、またお花なども併せて贈る場合はオプション料として料金が追加されます。この他にも各種有料サービスが多数ありました。例えば配達確認通知、きちんと届けましたという通知ですけどこれを申し込むと840円が追加されます

 

こんなのにお金とらないでよ!と個人的には思うんですけどね・・・。

 

で、NTTの電報を見てみましたけど、なんかパッとしたものが全然ないですよね><。しかも料金がいくらかかるかわかりにくいし。。。そこで、もっと良い電報サービスがないか探してみることにしました^^調べてみると今は可愛い電報サービスがいろいろとあるんですね。そんな中で私の一押しはVERYCARDという電報サービスです。なんといっても料金が安いのに、種類が豊富に揃ってるんです。

 

逆にどれを選んだらいいか迷います^^;
一応、電報の人気ランキングもあるので、どれにしようか迷った時はここから選んでみてもいいと思いますよ!

人気電報ランキング

VERY CARD
VERY CARD 

通常の約1/3の価格で即日配達!

VERY CARDは、電報、祝電、弔電、誕生日カードなどを贈る電報サービスです。均一料金で多数の豪華カードの中からご自由に選んでいただき、350文字までなら文字数も関係なく、 お昼の14時までのお申込なら基本的に全国どこでもその日のうちにお届けいたします。VERY CARDの電報サービスはメッセージだ けじゃない、声も届けられる!しゃべキャラなど、多彩な商品を取り扱っております。

 

【株式会社ヒューモニーが運営】

 

詳細  

感想

結婚式

私が利用したのはヒューモニーのVERYCARDです。結婚式がもうすぐだったので間に合うかどうか不安だったのですが式の当日にきちんと電報が届いてくれました

 

わたしが贈ったのはフォトフレームと電報のセットです^^

 

こちら↓
icon
icon

 

 

 

友人はわたしから電報が届いたことにビックリしたみたいでとても喜んでくれました
私のサプライズ電報は大成功となったわけです♪

 

結婚式に出席できなかったことは残念でしたけど大切な友人のために素敵な贈り物ができてよかったです。電報といえばNTTの電報サービスが一般的みたいなのですが、人と同じ電報を贈っても受け取る側の気持ちを考えれば「また同じような電報がきた。。。」と思ってしまうかもしれません。

 

なのでランキングで紹介した電報サービスから選んでみると大変喜ばれると思いますよ^^


心のこもったお祝いの手紙や電報を教えてください。

子供の頃、母に手を妬かせていた私が結婚した時に母親から御手紙で改めてお祝いの言葉を頂きました。

内容は、

 

イタズラ、ワガママ、すぐに泣く…等の、
私の幼少期の悪いところから始まりました。

最初は、え?改めて御手紙で私の悪かった事を話すの?と、びっくりしたのですが読み進めると…。

 

 

子供の頃の貴女は、手のかかる子供だったけれど、
手が妬く程に、可愛いと言うのは本当でした。

 

今では、あの頃の事がとても懐かしく思えて、
昔が羨ましくなる時があります。
貴女の面倒を見ている時が私の幸せだった。

 

でも、もちろん、今では、結婚して貴女を幸せに
してくれるパートナーが居て嬉しい。

 

貴女も彼と居る時は本当に幸せそうな顔をして笑うし、
彼の事を話している時は、楽しそうで、
そんな貴女を見ていると、私も幸せになります。

 

最後に、父親が居なくて寂しかった事もあるはず。
その事はずっと謝りたい思っていました。本当にごめんなさい。

 

けれど、私の元へ産まれて来てくれて有り難う。本当に貴女が娘で良かった。
いつまでも、幸せが続く様にと、祈っているからね。たまには私に顔を見せに来てね。

 

 

この様な事が書かれていました。

 

普通の人からしたら、ごく普通の様な内容にも思えますが、私はずっと、女手一つで母に育てて貰いました。父親が居ない為、母が父親の役目もしてくれました。

 

忙しい合間をぬっては、寂しい思いをしない様にと、私と遊んでくれました。
ですので、この手紙からは、ちょっと寂しさも感じる儚い思いも伝わって来てジーンとしてしまいました。

 

この手紙は私の宝物となっています。

電報です。会社の先輩たちから貰いました。入社した時から可愛がって貰いました。

 

同期入社が自分の部署では、1人だったのですがその先輩はいつも気にかけてくれていました。都合で、結婚式、披露宴は身内のみしか呼ばない事になったのでまさか電報を貰えるとはおもわず感激しました。

 

 

 

〇〇ちゃん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。

 

〇〇ちゃんが、結婚する日が来るなんて本当に月日が経つのは早いと実感しています。

 

新入社員として入社してきた〇〇ちゃん、緊張感でガチガチになっていたよね。この部署でたまたま1人入社でも持ち前の明るさと誰からも可愛がられる性格でみんなと打ち解けて行きましたね。仕事も、真面目で頑張り屋さんなのでしっかり任せられました。

 

時には、忙しすぎる時期もあり本当に大変そうでしたが、そんな時もいつもニコニコしていて本当に偉いなといつも思っていました。

 

今は、違う部署になりましたがたまに社内で会うと明るい笑顔で話してくれてとても嬉しく思います。

 

△△さんの話も良く話してくれたよね。優しくて、面白い人だって、〇〇ちゃんが幸せな結婚をして私達も本当に嬉しく思います。

 

まだしばらく、会社にいてくれる様でとても安心しました。

 

結婚して家庭と仕事の両立はとても大変だと思いますが、無理だけはしないようにしてくださいね。

 

私達も家庭があるので大変なときは遠慮なく相談してください。

 

〇〇ちゃんと△△さんがこれからも楽しく明るい家庭を作って行かれる事をそして色々な幸せのろけエピソードが聞ける事を楽しみにしています。

 

△△さん、是非今度ゆっくりお話をさせてください。

 

〇〇ちゃんの、新入社員からのエピソードたっぷりお聞かせしますよ。

 

お幸せに、本日はまことにおめでとうございます。

親友からの手紙

結婚おめでとうございます!本当におめでとう。まさかこんなに早く結婚すると思ってなかったからびっくりしました。

 

〇〇とはいつも休みの日に食事したり、くだらない会話をしたり恋愛の相談してたね。

 

私がいつもうじうじ悩んでいると〇〇はいつもちゃんと〇〇の気持ち相手に伝えないとダメだよ、言わないとわからないよと、叱咤激励をしてくれたね。

 

そのおかげで私は前向きに積極的に好きな人へアプローチ出来ました。

 

お互い恋人も出来て休みの日あまり会えなくなった時もあったけどいつも〇〇は私のことを気にしてくれて最近順調?元気にしてる?などメールくれたね。

 

忙しい私はあまり返信出来ずにいたけどごめんね。でも心の支えになってたよ。

 

〇〇から結婚の報告が来たときは、正直嬉しいのと同時に寂しさもありました。

 

県外にいってしまう〇〇ともうなかなか会えないと思った瞬間涙が溢れてきたよ。

 

〇〇にそのこと言ったら〇〇ま一緒に泣いてくれたね。

 

結婚してもいつまでも一番の親友だからねと言ってくれ、しばらく毎日お茶してくだらない話です盛り上がったね。

 

これから結婚生活始まるけど旦那さんと〇〇なら必ず幸せになれると思うよ。

 

困ったことあればいつでも私が相談のります。お幸せに!

10年前に産まれた、私にとって初めての姪が小学校へ入学する時に渡したかった手紙を書きます。

れいちゃん、小学校入学おめでとう。れいちゃんが産まれて、早いもので6年が経ちましたね。色々と振り返ってみると、とても早かった6年間でした。

 

れいちゃんが産まれたと連絡をもらって、ちょっと遠い場所に住んでいたので、次の日にばあばとねえねは朝早く新幹線に乗って、れいちゃんがいる病院へ行きました。

 

まだ、顔がしわしわでパパ似なのかママ似なのかも良く分からなかったけど、ぷっくりとしていたそのお姿はねえねの妹、ママの赤ちゃんの時と同じようでした。

 

すやすやと良く眠っていた、れいちゃんの顔は今でも忘れません。次に会ったのはもう5ヶ月の頃で、最初は不安そうで泣きそうなれいちゃんだったけど、少し時間が経つとばあばやねえねに抱っこされて、にこにこ顔でしたね。

 

れいちゃんとは、お家が遠かったのであまり会えなかったけど、いつもママにれいちゃんの写真や動画を送ってもらって、みんなで成長を楽しんでいました。

 

そんなれいちゃんが、もう小学校の1年生だなんて、ねえねはびっくりです。この前、ランドセルを背負った入学前の写真をママが送ってくれて、ランドセルがすごく大きく見えて、毎日学校まで歩いていけるかちょっと心配です。

 

れいちゃん、学校ではお友達をいっぱい作って、楽しく毎日を過ごしてね。

私の母親から結婚式前日にもらったものです。

 

結婚おめでとうございます。最初、あなたが結婚すると言った時、とても驚きました。

 

まだ20歳のあなたは私にとって、末っ子の甘えん坊な子というイメージです。

 

そんなあなたが結婚するなんてまだ信じられません。
でも明日は結婚式ですね。楽しみという気持ちよりも今は少し寂しいです。

 

片親というせいであなたに色々心配してもらったこと、ありがとう。
でもお母さんは大丈夫。あなたが幸せになってくれること、それがお母さんの幸せです。

 

あなたが小学校六年生の時、お父さんとは一緒に住まなくなりましたね。
寂しい思いをさせてしまったね。でもあなたは、お母さんに言ったよね。お母さんと私は一緒だよ、
私はお母さんがいればいんだよ、と。本当に嬉かったよ。

 

あの言葉で、お母さんはとても幸せだなと思ったの。ありがとう。

 

これからは離れて暮らすことになるけど、もし困ったことがあったらいつでも話してね。

 

我慢しないでね。いつでもお母さんはあなたの味方ですよ。

 

この晴れやかな日を迎えたあなたを見ることが出来てとても幸せに思います。

 

結婚しても私はあなたの母親です。いつまでも幸せに。
この手紙を結婚式の前日に母から頂きました。とても感動しました。

 

 

 

片親でしたので、1人残すのが複雑な気持ちでしたが、
この手紙を読んで離れていても親子なんだと感じ、幸せになることを誓いました。