電報の保管方法

いただいた電報。とっておく?捨てる?その保管方法は?

結婚式やお葬式などで電報をいただいた経験がある方は多いかと思います。
いただいた電報ってみなさんどうされてますか?

 

とりあえずしばらくとってあるという方、
すぐに処分したという方など様々です。

 

電報を処分する

 

ちなみにわたしは結婚式にいただいた電報はすぐにすべて処分してしまいました。
お人形は最近子どもたちの玩具になっています。

 

その電報のお人形をみて内容ものこしておけばよかったと
後悔しています。

 

 

電報の上手な保管方法

 

上手に保存することで、次に自分が電報をうつ時の参考にできますし
見返せば思い出になります。

 

すべてそのままとってあるという方は保存の仕方で
山になった電報のスペースを有効利用することができますよ。

 

後でお礼などを伝えたり送ったりするという人は
どなたにいただいたか、いただいた方のリストのみを
パソコンやノートなどに記録して管理するのもよいでしょう。

 

台紙は処分して文章部分をとっておくというのも
それほどかさばらず、簡単でよい方法です。

 

結婚式などの祝電の場合には

アルバムの最後などに一緒にとっておくと思い出になりますよね。

 

パソコンでデータとして管理するのが得意な方は
写真にとったり、スキャナしてデータとして残しておくと
台紙のイメージも一緒に保存することができます。
写真データと一緒に一枚のDVDなどに焼いておけばいいですよ。

 

すべてそのまま残している。捨てられない。

 

 

でも、だんだん邪魔になってきた。という方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

↓↓↓累計700万通の実績、電報サービスといえばベリーカード↓↓↓ 電報サービス VERY CARD