結婚式 電報 人気

お祝いもお悔やみもまず電報で

最近は、慶弔事がほとんどないので、使用してませんが、6〜7年前までは、NTTの電報115を利用していました。

 

お祝いの場合は、結婚式に呼ばれるほどの中ではない方や、
私の出産が重なり出席できない時に送りました。

 

 

まず、お祝いの品は先に送っておき、当日は電報で祝福させていただくようにしていました。

 

 

その後、新婚旅行のお土産とともに、「電報ありがとう、うれしかったよ」の手紙が自宅に届きました。

 

 

お悔やみの場合は結婚式とは違い突然連絡があるので、親近者ならやも得ず出席しますが、

 

私の場合、宮崎県から広島県に嫁いでいますので、私関係の方のご不幸は、なかなか出席できず、電報で一報しておき、初盆には、伺うようにしていました。

 

 

その場合も電報を送っておくと、

 

結婚式の時同様「電報ありがとう、気を使わせたね」と言われ何もしないよりは、行けずに申し訳ないという思いが楽になり、私的にもほっとした気持ちになりました。

 

 

NTTの電報は台紙も文章も豊富で料金も固定電話よりまとめて支払いなのでとても便利でした。

 

 

今は電話だけでなくインターネットでも注文できるので画面を見ながら選べて便利になって良かったと思います。

 

 

私がいただいたのは、笑っていいともなどで、話題になっていたぬいぐるみ付の電報を出産祝いにいただきました。

 

 

自分の好きなキャラクターのぬいぐるみだったので、
普通に出産祝いをいただくより、飾れて保存も出来て、うれしかったです。

 

 

 

 

来年には、私の母の還暦がやってきます。

 

 

誕生日をかねて記念にお花のアレンジとセットになった電報を送ってみようかなあと思います。

↓↓↓累計700万通の実績、電報サービスといえばベリーカード↓↓↓ 電報サービス VERY CARD