結婚式 電報 人気

電報を送るときの注意点記事一覧

電報を利用する場面は?

電報は直接お祝いやお悔やみの言葉を伝えられない時に贈ると喜ばれますよね。つまりは具体的にどういうときに贈るとよいのでしょうか。もちろんケースバイケースですがシーンに合わせて贈るケースは次のような時です結婚式が最も多く友人関係では招待されたがやむを得ず出席できない時招待されていないけれどお祝いの言葉を...

≫続きを読む

 

祝電のNGワードって知ってますか?

直接会ってお祝いの言葉を伝えられない時や結婚披露宴に招待されなかったり、やむおえず欠席する場合には祝電を打つと喜ばれますよね。その時に大切なことの一つがNGワードに気をつけることです。いわゆる忌み言葉ですね。重ね言葉(ますます、いろいろ、など同じ言葉の繰り返し)別れを連想する言葉(離れる、切れるなど...

≫続きを読む

 

電報の送り方を教えてください

突然の訃報に遠方なためお通夜やお葬式に列席できなかったり、お友達の結婚式にやむおえず出席できない場合など電報を贈ることで気持を伝えることがきます。でも、どうやって贈ったらよいかわからない。という方は多いでしょう。電話で申し込む少し前までは電話での申し込みがほとんどでした。受付の方が、手順にそってガイ...

≫続きを読む

 

祝電の注意事項

祝電はいつまでに贈る?結婚式や卒業、入学祝いなどの祝電は日にちが前もってわかっていることがほとんどですからできるだけ早く手配しておきましょう。式場や学校など施設へ贈る場合は前日に届くようにします。この場合読み上げられる可能性も高いですから文章にも気をつけなければなりません。個人のお宅に贈る場合も早す...

≫続きを読む